JavaScript Int16Array 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

Int16Arrayとは

JavaScriptトピック:2 の補数形式の 16 ビット符号付き整数値の配列を表すことができる。各要素は0で初期化される生成された Int16Array オブジェクトのメソッドまたは配列のような表記法 ([]) を使い、要素を参照することができる。

Int16Array プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
TypedArray.BYTES_PER_ELEMENTとは、
TypedArray.BYTES_PER_ELEMENT プロパティは、typedarray 内の各要素ごとのバイト単位のサイズを表する 事ができる。
TypedArray.nameとは、
typedarrayのコンストラクタの名称の文字列値を表する 事ができる。
TypedArray.prototypeとは、
TypedArrayコンストラクタに対するプロトタイプを表する 事ができる。
TypedArray.prototype.bufferとは、
コンストラクタ時にTypedArrayよって参照されるArrayBufferを表する 事ができる。
TypedArray.prototype.byteLengthとは、
ArrayBufferの始まりからのtypedarray の(バイト単位の)サイズを表する 事ができる。
TypedArray.prototype.byteOffsetとは、
ArrayBufferの開始位置からのtypedarrayの(バイト単位の)オフセットを表する 事ができる。
TypedArray.prototype.lengthとは、
typedarrayの(要素の)長さを表する 事ができる。
get TypedArray[@@species]とは、
TypedArray[@@species] アクセッサプロパティは、typedarray のコンストラクタを返す ことができる。

Int16Array メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
TypedArray.fromとは、
配列オブジェクトや反復オブジェクトから新しいtypedarrayを取得・返す 事ができる。このメソッドはArray.fromとほぼ同じです。
TypedArray.ofとは、
様々な数の引数をもつ新しいtypedarrayを生成します。このメソッドはArray.ofとほぼ同じです。
TypedArray.prototype.copyWithinとは、
配列内の一連の配列の要素をtargetで開始する位置にコピーします。第二、第三の引数、startendのインデックス位置からコピーが実施されます。end 引数はオプションです。デフォルトは配列のサイズになっています。このメソッドはArray.prototype.copyWithinと同じアルゴリズムです。TypedArraytypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.entriesとは、
配列内の各インデックスに対する 事ができる。key/valueペアを含む新しいArrayIteratorオブジェクトを返す ことができる。
TypedArray.prototype.everyとは、
typedarray内のすべての要素が提供された関数によって実装されたテストを渡すかどうかテストします。このメソッドはArray.prototype.everyと同じアルゴリズムです。TypedArraytypedarraytypesの一つです、
TypedArray.prototype.fillとは、
fillメソッドは、typedarray中の開始インデックスから終了インデックスまでの全ての要素を固定値で設定します。このメソッドのアルゴリズムはArray.prototype.fillと同じです。ここで、TypedArraytypedarraytypesのいずれかを指す 事ができる。
TypedArray.prototype.filterとは、
提供された関数によって実装されるテストを渡すすべての要素で新しいtypedarrayを生成します。このメソッドはArray.prototype.filterと同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.findとは、
要素は、与えられたテスト関数を満たした場合、typedarrayvalueを取得・返す 事ができる。さもなければ、undefinedが返されます。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.findIndexとは、
typedarray内の要素が与えられたテスト関数を満たすなら、typedarray内のインデックスを取得・返す 事ができる。さもなければ、-1が返されます。
TypedArray.prototype.forEachとは、
配列の要素ごとに一度与えられた関数を実行します。このメソッドはArray.prototype.forEachと同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.includesとは、
includes メソッドは typedarray がある要素を含むかどうか判断し、その結果に応じて truefalse を取得・返す 事ができる。このメソッドは Array.prototype.includes と同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArray はここでは typedarraytypes の一つです。
TypedArray.prototype.indexOfとは、
引数で与えられた要素がtypedarray内で見つけられた最初のインデックスを取得・返す 事ができる。または、存在しない場合は、-1を取得・返す 事ができる。このメソッドはArray.prototype.indexOfと同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.joinとは、
配列のすべての要素を文字列に結合します。このメソッドはArray.prototype.joinと同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.keysとは、
配列内の各インデックスに対するキーを含む新しいArrayIteratorオブジェクトを返す ことができる。
TypedArray.prototype.lastIndexOfとは、
引数で与えられた要素がtypedarray内で最後に現れるインデックスを取得・返す 事ができる。値が見つからない場合、-1を返す ことができる。typedarrayfromIndexで始まる位置から逆方向に検索されます。 このメソッドは、Array.prototype.lastIndexOfと同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.mapとは、
typedarray内のすべての要素で与えられた関数を呼び出した結果をもつ新しいtypedarrayを生成します。このメソッドはArray.prototype.mapと同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArrayは、ここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.moveとは、
注意 これは、廃止 された API です。 今後、動作 することは保障されません。
配列内の一連の要素をtargetで始まる位置にコピーします。しかしながら、この非標準のメソッドは標準のTypedArray.prototype.copyWithin メソッドに置き換えられました。 TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.reduceとは、
アキュムレータに対して関数を適用し、隣り合う二つのtypedarrayの要素(左から右へ)は単一の値になります。このメソッドは、Array.prototype.reduceと同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayは、ここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.reduceRightとは、
アキュムレータに対して関数を適用し、隣り合う二つのtypedarrayの要素(右から左へ)は単一の値になります。このメソッドは、Array.prototype.reduceRightと同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayは、ここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.reverseとは、
typedarrayの位置を反転させます。最初のtypedarrayの要素は最後になり、最後の要素は最初になります。このメソッドはArray.prototype.reverseと同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayはここではtypedarraytypes の一つです。
TypedArray.prototype.setとは、
set メソッドは、指定した配列から入力値を読み込み、複数の値を typedarray 内に格納する 事ができる。
TypedArray.prototype.sliceとは、
typedarrayの一部を取り出して新しいtypedarrayを取得・返す 事ができる。このメソッドは、Array.prototype.sliceと同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayは、ここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.someとは、
与えられた関数によって実行されるテストに合格する要素がtypedarrayの中にあるかどうかをテストします。このメソッドは、Array.prototype.someと同じアルゴリズムを持つ、事ができる。TypedArrayはここではtypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.sortとは、
sortメソッドは、TypedArray 内で要素をソートして、その TypedArray を取得・返す 事ができる。このメソッドのアルゴリズムは Array.prototype.sort と同じものです。TypedArrayとはTypedArray のタイプのどれかを表する 事ができる。
TypedArray.prototype.subarrayとは、
同じArrayBufferストアで、TypedArrayオブジェクトと同じ要素のタイプをもつ新しいTypedArrayを返す ことができる。beginオフセットは包括して、endオフセットは排他的です。 TypedArraytypedarraytypesの一つです。
TypedArray.prototype.toLocaleStringとは、
toLocaleStringメソッドは、タイプ付き配列の要素を表す文字列を取得・返す 事ができる。 要素は文字列に変換され、ロケール固有の文字列(カンマ「、」など)で区切られます。 このメソッドはArray.prototype.toLocaleStringと同じアルゴリズムを持ち、タイプ付き配列要素は数値なので、Number.prototype.toLocaleStringと同じアルゴリズムが各要素に適用されます。 TypedArrayは、ここでタイプ付きの配列タイプの1つです。
TypedArray.prototype.toStringとは、
toStringメソッドは、指定された配列とその要素を表す文字列を取得・返す 事ができる。 このメソッドは、Array.prototype.toStringと同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayは、ここでタイプ付きの配列タイプの1つです。
TypedArray.prototype.valuesとは、
配列内の各インデックスに対する値を含む新しいArrayIteratorオブジェクトを返す ことができる。
TypedArray.prototype[@@iterator]とは、
@@iteratorプロパティの初期値はvaluesのプロパティの初期値と同じ関数オブジェクト。

関数リファレンス | Int16Array | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript Int16Array 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript Int16Array 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS