JavaScript URIError 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

URIErrorとは

JavaScriptトピック:URIErrorオブジェクトは、グローバルURI処理関数が正しく使用されなかったことを示すエラー、URI処理関数に不可解なURIが渡された場合、URIErrorが投げられる

URIError プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
Error.prototypeとは、
Error コンストラクターの prototype を表することができる。
Error.prototype.columnNumberとは、
このエラーを起こしたファイルの行内の列番号を含むことができる。
Error.prototype.fileNameとは、
fileName プロパティは、このエラーを起こしたファイルへのパスを含むことができる。
Error.prototype.lineNumberとは、
lineNumber プロパティは、このエラーを起こしたファイル内の行番号を含むことができる。
Error.prototype.messageとは、
message プロパティは、人間が読めるエラーの説明です。
Error.prototype.nameとは、
name プロパティは、エラーの種類の名称を表示 します。初期値は "Error" です。
Error.prototype.stackとは、
Error オブジェクトの非標準の stack プロパティは、呼び出された関数のトレース、つまり、その呼び出し順、呼び出したファイルの行番号、呼び出した関数の引数を提供するスタック文字列は、最後の呼び出しから最初の呼び出しへ進み、元のグローバルスコープの呼び出しまでさかのぼる

URIError メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
Error.prototype.toSourceとは、
toSource メソッドは、同じエラーを評価できるコードを返す ことができる 。
Error.prototype.toStringとは、
toString メソッドは、指定した Error オブジェクトを表す文字列を返す ことができる 。

関数リファレンス | URIError | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript URIError 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript URIError 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS