jQuery API アルファベット順 C 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル

API C 一覧 JQuery

C

jQuery API C リスト関数 説明 要約
callbacks.addとは、
コールバックまたはコールバックのコレクションをコールバックリストに追加する ことができる。
callbacks.disableとは、
コールバックリストの処理を無効にする ことができる。
callbacks.disabledとは、
コールバックリストが無効になっているかどうかを判断する ことができる。
callbacks.emptyとは、
リストからすべてのコールバックを削除する ことができる。
callbacks.fireとは、
与えられた引数ですべてのコールバックを呼び出す、ことができる。
callbacks.firedとは、
コールバックがすでに少なくとも1回呼び出されているかどうかを判断する ことができる。
callbacks.fireWithとは、
指定されたコンテキストと引数を持つリスト内のすべてのコールバックを呼び出す、ことができる。
callbacks.hasとは、
リストにコールバックが添付されているかどうかを判断するコールバックが引数として指定されている場合、コールバックがリストに含まれているかどうかを判断する ことができる。
callbacks.lockとは、
コールバックリストを現在の状態でロックする ことができる。
callbacks.lockedとは、
コールバックリストがロックされているかどうかを判断する ことができる。
callbacks.removeとは、
コールバックまたはコールバックのコレクションをコールバックリストから削除する ことができる。
.changeとは、
「変更」 JavaScript イベントにイベントハンドラをバインドするか、そのイベントを要素でトリガする ことができる。
:checkbox Selectorとは、
チェックボックスのすべての要素を選択する ことができる。
:checked Selectorとは、
チェックまたは選択されたすべての要素と一致する ことができる。
Child Selector (“parent > child”)とは、
" parent "で指定された要素の " child "で指定されたすべての直接子要素を選択する ことができる。
.childrenとは、
一致した要素のセット内の各要素の子を取得し、必要に応じてセレクタでフィルタリングする ことができる。
Class Selector (“.class”)とは、
指定されたクラスのすべての要素を選択する ことができる。
.clearQueueとは、
まだ実行されていないすべての項目をキューから削除する ことができる。
.clickとは、
イベントハンドラを「クリック」 JavaScript イベントにバインドする、またはそのイベントを要素でトリガする ことができる。
.cloneとは、
一致する要素のセットのディープコピーを作成する ことができる。
.closestとは、
セット内の各要素に対して、要素自体をテストし、 DOM ツリー内の祖先をトラバースすることで、セレクタに一致する最初の要素を取得する ことができる。
:contains Selectorとは、
指定したテキストを含むすべての要素を選択する ことができる。
.contentsとは、
テキストノードとコメントノードを含む、一致する要素のセット内の各要素の子を取得する ことができる。
.contextとは、
もともと jQuery()に渡された DOM ノードのコンテキスト。何も渡されなかった場合、文脈はおそらく文書 です。
.contextmenuとは、
イベントハンドラを「 contextmenu JavaScript イベントにバインドするか、そのイベントを要素でトリガする ことができる。
.cssとは、
一致した要素のセットの最初の要素の計算されたスタイルプロパティの値を取得するか、一致するすべての要素の1つ以上の CSS プロパティを設定する ことができる。

関数リファレンス | jQuery Ajax | jQuery API 一覧

jQuery 関数 | アルファベットリスト

jQuery API アルファベット順 C 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル
jQueryAPI アルファベット順 C 一覧 | 関数 入門 | jQuery マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JavaScript

CSS