PHP mnoGoSearch 関数 一覧|PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル

mnoGoSearch 関数 一覧 PHP

mnoGoSearch関数とは

トピック:mno Go Search関数とは、フリーの検索エンジン mno Go Search (Udm Search) へアクセスする、事ができる。イントラネットおよびインターネットサーバー用の多機能な 検索エンジンソフトウエアであり、GNU ライセンスのもとで配布されている。mno Go Search により HTMLPDF、テキストドキュメントに 関する全文テキストインデックス作成と検索が可能。HTTP, FTP, NEWS サーバー またはローカルファイルにアクセスし、再帰的に全てのドキュメントを取得して、 そのドキュメントに関するメタデータを優れた効率的な手法で SQL データベースに保存する、事ができる。

PHP mnoGoSearch関数 リスト関数 説明 要約
udm_add_search_limit()とは、
種々の検索の制約を設定する ことができる。
udm_alloc_agent_array()とは、
mnoGoSearch セッションを割り当てる ことができる。
udm_alloc_agent()とは、
mnoGoSearch セッションを確保する ことができる。
udm_api_version()とは、
mnoGoSearch API バージョンを取得する ことができる。
udm_cat_list()とは、
現在のカテゴリと同じレベルのカテゴリを全て取得する ことができる。
udm_cat_path()とは、
現在のカテゴリへのパスを取得する ことができる。
udm_check_charset()とは、
指定した charset mnogosearch で認識されるかどうか調べる ことができる。
udm_clear_search_limits()とは、
mnoGoSearch 検索に関する全ての制約をクリアする ことができる。
udm_crc32()とは、
指定した文字列の CRC32 チェックサムを計算する ことができる。
udm_errno()とは、
mnoGoSearch エラー番号を取得する ことができる。
udm_error()とは、
mnoGoSearch エラーメッセージを得る ことができる。
udm_find()とは、
検索を実行する ことができる。
udm_free_agent()とは、
mnoGoSearch セッションを開放する ことができる。
udm_free_ispell_data()とは、
ispell データ用に確保されたメモリを解放する ことができる。
udm_free_res()とは、
mnoGoSearch 結果を開放する ことができる。
udm_get_doc_count()とは、
データベース内のドキュメントの総数を得る ことができる。
udm_get_res_field()とは、
mnoGoSearch 結果フィールドを取得する ことができる。
udm_get_res_param()とは、
mnoGoSearch 結果パラメータを取得する ことができる。
udm_hash32()とは、
指定した文字列の Hash32 チェックサムを返す ことができる。
udm_load_ispell_data()とは、
ispell データを読み込む ことができる。
udm_set_agent_param()とは、
mnoGoSearch エージェントのセッションパラメータを設定する ことができる。
mnoGoSearch 関数 一覧 関連記事
PHP mnoGoSearch 関数 一覧|PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル
PHP mnoGoSearch 関数 一覧| 入門 | PHP マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

JavaScript

JQuery

CSS