PHP PostgreSQL 関数 一覧 |PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル

PostgreSQL 関数 一覧 PHP

PostgreSQL関数とは

トピック:Postgre SQL関数とは、オープンソースの製品であり、無料で使用する事ができる。Postgresは、SQL92/SQL99言語サポート・トランザクション・参照整合性・ストアドプロシージャ・拡張可能な型を提供

PHP PostgreSQL関数 リスト関数 説明 要約
pg_affected_rows()とは、
変更されたレコード(タプル)の数を返す ことができる。
pg_cancel_query()とは、
非同期クエリを取り消す ことができる。
pg_client_encoding()とは、
クライアントのエンコーディングを取得する ことができる。
pg_close()とは、
PostgreSQL 接続をクローズする ことができる。
pg_connect_poll()とは、
進行中の非同期PostgreSQL接続試行のステータスをポーリングする ことができる。
pg_connect()とは、
PostgreSQL 接続をオープンする ことができる。
pg_connection_busy()とは、
接続がビジーかどうか調べる ことができる。
pg_connection_reset()とは、
接続をリセット(再接続)する ことができる。
pg_connection_status()とは、
接続ステータスを取得する ことができる。
pg_consume_input()とは、
接続の入力を読み取る ことができる。
pg_convert()とは、
連想配列の値を、SQL 文として実行可能な形式に変換する ことができる。
pg_copy_from()とは、
配列からテーブルに挿入する ことができる。
pg_copy_to()とは、
配列にテーブルをコピーする ことができる。
pg_dbname()とは、
データベース名を取得する ことができる。
pg_delete()とは、
レコードを削除する ことができる。
pg_end_copy()とは、
PostgreSQL バックエンドと同期する ことができる。
pg_escape_bytea()とは、
bytea フィールドに挿入するために文字列をエスケープする ことができる。
pg_escape_identifier()とは、
テキスト型フィールドに挿入するために、識別子をエスケープする ことができる。
pg_escape_literal()とは、
テキスト型フィールドに挿入するために、リテラルをエスケープする ことができる。
pg_escape_string()とは、
クエリに使う文字列をエスケープする ことができる。
pg_execute()とは、
指定したパラメータを用いてプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待つ ことができる。
pg_fetch_all_columns()とは、
指定したカラムの全ての行を配列として取得する ことができる。
pg_fetch_all()とは、
取得されたすべての行を配列として取得する ことができる。
pg_fetch_array()とは、
行を配列として取得する ことができる。
pg_fetch_assoc()とは、
行を連想配列として取得する ことができる。
pg_fetch_object()とは、
行をオブジェクトとして得る ことができる。
pg_fetch_result()とは、
結果リソースから値を返す ことができる。
pg_fetch_row()とは、
数値添字の配列として行を得る ことができる。
pg_field_is_null()とは、
フィールドが SQL NULL かどうか調べる ことができる。
pg_field_name()とは、
フィールドの名前を返す ことができる。
pg_field_num()とは、
指定されたフィールドのフィールド番号を返す ことができる。
pg_field_prtlen()とは、
表示される長さを返す ことができる。
pg_field_size()とは、
指定したフィールドの内部記憶領域におけるサイズを返す ことができる。
pg_field_table()とは、
tables フィールドの名前あるいは oid を返す ことができる。
pg_field_type_oid()とは、
フィールド番号に対応する型 IDOID)を返す ことができる。
pg_field_type()とは、
フィールド番号に対応する型名を返す ことができる。
pg_flush()とは、
接続上でアウトバウンドクエリデータをフラッシュする ことができる。
pg_free_result()とは、
メモリを開放する ことができる。
pg_get_notify()とは、
SQL NOTIFY メッセージを取得する ことができる。
pg_get_pid()とは、
バックエンドのプロセス ID を得る ことができる。
pg_get_result()とは、
非同期クエリの結果を取得する ことができる。
pg_host()とは、
接続に関連するホスト名を返す ことができる。
pg_insert()とは、
テーブルに配列を挿入する ことができる。
pg_last_error()とは、
特定の接続から直近のエラーメッセージ文字列を取得する ことができる。
pg_last_notice()とは、
PostgreSQL サーバーからの直近の通知メッセージを返す ことができる。
pg_last_oid()とは、
直近の行のオブジェクト ID を返す ことができる。
pg_lo_close()とは、
ラージオブジェクトをクローズする ことができる。
pg_lo_create()とは、
ラージオブジェクトを生成する ことができる。
pg_lo_export()とは、
ラージオブジェクトをファイルにエクスポートする ことができる。
pg_lo_import()とは、
ファイルからラージオブジェクトをインポートする ことができる。
pg_lo_open()とは、
ラージオブジェクトをオープンする ことができる。
pg_lo_read_all()とは、
ラージオブジェクト全体を読み込むブラウザに直接送信する ことができる。
pg_lo_read()とは、
ラージオブジェクトを読み込む ことができる。
pg_lo_seek()とは、
ラージオブジェクトの位置をシークする ことができる。
pg_lo_tell()とは、
ラージオブジェクトのカレントのシーク位置を返す ことができる。
pg_lo_truncate()とは、
ラージオブジェクトを切り捨てる ことができる。
pg_lo_unlink()とは、
ラージオブジェクトを削除する ことができる。
pg_lo_write()とは、
ラージオブジェクトを書く ことができる。
pg_meta_data()とは、
テーブルからメタデータを取得する ことができる。
pg_num_fields()とは、
フィールド数を返す ことができる。
pg_num_rows()とは、
行数を返す ことができる。
pg_options()とは、
接続に関連するオプションを取得する ことができる。
pg_parameter_status()とは、
サーバーのパラメータ設定を検索する ことができる。
pg_pconnect()とは、
持続的な PostgreSQL 接続をオープンする ことができる。
pg_ping()とは、
データベース接続を調べる ことができる。
pg_port()とは、
接続に関連するポート番号を返す ことができる。
pg_prepare()とは、
指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その完了を待つ ことができる。
pg_put_line()とは、
NULL で終わる文字列を PostgreSQL バックエンドに送信する ことができる。
pg_query_params()とは、
SQL コマンドとパラメータを分割してサーバーにを送信し、その結果を待つ ことができる。
pg_query()とは、
クエリを実行する ことができる。
pg_result_error_field()とは、
エラー報告の各フィールドを返す ことができる。
pg_result_error()とは、
結果に関連するエラーメッセージを取得する ことができる。
pg_result_seek()とは、
結果リソースの内部行オフセットを設定する ことができる。
pg_result_status()とは、
クエリ結果のステータスを取得する ことができる。
pg_select()とは、
レコードを選択する ことができる。
pg_send_execute()とは、
指定したパラメータでプリペアドステートメントを実行するリクエストを 送信し、その結果を待たない ことができる。
pg_send_prepare()とは、
指定したパラメータでプリペアドステートメントを作成するリクエストを 送信し、その結果を待たない ことができる。
pg_send_query_params()とは、
コマンドとパラメータを分割してサーバーに送信し、その結果を待たない ことができる。
pg_send_query()とは、
非同期クエリを送信する ことができる。
pg_set_client_encoding()とは、
クライアントのエンコーディングを設定する ことができる。
pg_set_error_verbosity()とは、
pg_last_error および pg_result_error が返すメッセージの詳細度を指定する ことができる。
pg_socket()とは、
PostgreSQL接続の基礎をなすソケットに対する読み取り専用ハンドルを取得する ことができる。
pg_trace()とは、
PostgreSQL 接続のトレースを有効にする ことができる。
pg_transaction_status()とは、
サーバー上で実行中のトランザクションの状態を返す ことができる。
pg_tty()とは、
接続に関する TTY 名を返す ことができる。
pg_unescape_bytea()とは、
bytea 型のバイナリをアンエスケープする ことができる。
pg_untrace()とは、
PostgreSQL 接続のトレースを無効にする ことができる。
pg_update()とは、
テーブルを更新する ことができる。
pg_version()とは、
クライアント・プロトコル・サーバーのバージョンを配列で返す ことができる。
PHP PostgreSQL 関数 一覧 |PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル
PHP PostgreSQL 関数 一覧 | 入門 | PHP マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

JavaScript

JQuery

CSS