PHP MCVE 関数 (Monetra) Payment 一覧|PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル

MCVE 関数 (Monetra) Payment 一覧 PHP

MCVE関数とは

トピック:MCVE関数とは、MCVE(Monetra)API(libmonetra)のインターフェイス、PHPスクリプトからMCVE/Monetraを直接使用する事ができる。MCVE/MonetraMain Street SoftworksのソリューションでLinux/Unix/Mac OSX/Windows上でクレジットカード/デビットカード/ギフトカードを直接処理する事ができる。

PHP MCVE関数 リスト関数 説明 要約
m_checkstatus()とは、
トランザクションが完了したかどうかを確かめる 事ができる。
m_completeauthorizations()とは、
キューの中の認証済み件数を数え、その ID の配列を返す 事ができる。
m_connect()とは、
MCVE との接続を確立する 事ができる。
m_connectionerror()とは、
接続が失敗した理由をテキストで取得する 事ができる。
m_deletetrans()とは、
MCVE_CONN 構造体から、指定したトランザクションを削除する 事ができる。
m_destroyconn()とは、
接続および MCVE_CONN 構造体を破壊する 事ができる。
m_destroyengine()とは、
IP/SSL 接続に関連付けられたメモリを開放する 事ができる。
m_getcell()とは、
カンマ区切りの応答から、カラム名を指定してセルを取得する 事ができる。
m_getcellbynum()とは、
カンマ区切りの応答から、カラム番号を指定してセルを取得する 事ができる。
m_getcommadelimited()とは、
MCVE が返すデータを、もとのカンマ区切り形式のままで取得する 事ができる。
m_getheader()とは、
カンマ区切りの応答から、カラム名を取得する 事ができる。
m_initconn()とは、
MCVE_CONN 構造体を作成し、初期化する 事ができる。
m_initengine()とは、
IP/SSL 通信のためのクライアントの準備をする 事ができる。
m_iscommadelimited()とは、
応答がカンマ区切りかどうかを調べる 事ができる。
m_maxconntimeout()とは、
API MCVE への接続を試みる時間の最大値
m_monitor()とは、
MCVE との通信 (データの送受信) を非ブロックモードで行う 事ができる。
m_numcolumns()とは、
カンマ区切りの応答の中のカラム数を返す 事ができる。
m_numrows()とは、
カンマ区切りの応答の中の行数を返す 事ができる。
m_parsecommadelimited()とは、
カンマ区切りの応答をパースし、m_getcell などが動作するようにする 事ができる。
m_responsekeys()とは、
このトランザクションの応答パラメータとして使用することが可能な キーを表す文字列の配列を返す 事ができる。
m_responseparam()とは、
カスタム応答パラメータを取得する 事ができる。
m_returnstatus()とは、
トランザクションが成功したかどうかを確かめる 事ができる。
m_setblocking()とは、
接続モードを、ブロックモードあるいは非ブロックモードに設定する 事ができる。
m_setdropfile()とは、
Drop-File への接続方法を設定する 事ができる。
m_setip()とは、
IP での接続方法を設定する 事ができる。
m_setssl_cafile()とは、
サーバー証明書を検証するための SSL CA (Certificate Authority) ファイルを設定する 事ができる。
m_setssl_files()とは、
サーバーがクライアント証明書による検証を要求している場合に、証明書のキーファイルを設定する 事ができる。
m_setssl()とは、
SSL での接続方法を設定する 事ができる。
m_settimeout()とは、
(トランザクション単位の) 最大の時間を設定する 事ができる。
m_sslcert_gen_hash()とは、
SSL クライアント証明書の検証のためのハッシュを作成する 事ができる。
m_transactionssent()とは、
送信バッファが空かどうかを確かめる 事ができる。
m_transinqueue()とは、
クライアントキューの中のトランザクション数を返す 事ができる。
m_transkeyval()とは、
トランザクションにキー/値のペアを追加する。transparam() の代替関数
m_transnew()とは、
新しいトランザクションを開始する 事ができる。
m_transsend()とは、
トランザクションを終了し、送信する 事ができる。
m_uwait()とは、
x マイクロ秒だけ待つ 事ができる。
m_validateidentifier()とは、
指定したトランザクションについて、ID の検証を行うかどうか 事ができる。
m_verifyconnection()とは、
接続の検証を行うために PING を行うかどうかを設定する 事ができる。
m_verifysslcert()とは、
サーバーの ssl 証明書を検証するかどうかを設定する 事ができる。
MCVE 関数 (Monetra) Payment 一覧 外部参考サイト
PHP MCVE 関数 (Monetra) Payment 一覧|PHP マニュアル 関数 要素 使い方・書き方 例 PHP サンプル
PHP MCVE 関数 (Monetra) Payment 一覧| 入門 | PHP マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

JavaScript

JQuery

CSS