JavaScript Error 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

Errorとは

JavaScriptトピック:Errorコンストラクタはエラーオブジェクトを作成する事ができる。 Errorオブジェクトのインスタンスは、実行時エラーが発生するとスローされます。 Errorオブジェクトは、ユーザー定義例外の基本オブジェクトとしても使用できる

Error プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
Error.prototypeとは、
Error.prototype プロパティは、Error コンストラクターの prototype を表する ことができる。
Error.prototype.columnNumberとは、
columnNumber プロパティは、このエラーを起こしたファイルの行内の列番号を含む ことができる。
Error.prototype.fileNameとは、
fileName プロパティは、このエラーを起こしたファイルへのパスを含む ことができる。
Error.prototype.lineNumberとは、
lineNumber プロパティは、このエラーを起こしたファイル内の行番号を含む ことができる。
Error.prototype.messageとは、
message プロパティは、人間が読めるエラーの説明です。
Error.prototype.nameとは、
name プロパティは、エラーの種類の名称を表示 します。初期値は "Error" です。
Error.prototype.stackとは、
Error オブジェクトの非標準の stack プロパティは、呼び出された関数のトレース、つまり、その呼び出し順、呼び出したファイルの行番号、呼び出した関数の引数を提供するスタック文字列は、最後の呼び出しから最初の呼び出しへ進み、元のグローバルスコープの呼び出しまでさかのぼる。

Error メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
Error.prototype.toSourceとは、
toSource メソッドは、同じエラーを評価できるコードを返す ことができる。
Error.prototype.toStringとは、
toString メソッドは、指定した Error オブジェクトを表す文字列を返す ことができる。

関数リファレンス | Error | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript Error 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript Error 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS