jQuery API 機能別 Effects /エフェクト 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル

Effects /エフェクト 一覧 JQuery

Effectsとは

トピック:さまざまな種類の効果を実現するための単純でシンプルなインターフェースを提供、一般的に使用されるエフェクトを最小限の設定で簡単に適用する事ができる。

jQuery Effects リスト関数 説明 要約
.animateとは、
一連のCSSプロパティのカスタムアニメーションを実行する事ができる。
.clearQueueとは、
まだ実行されていないすべての項目をキューから削除する事ができる。
.delayとは、
キュー内の後続項目の実行を遅らせるタイマーを設定する事ができる。
.dequeueとは、
一致した要素のキューで次の関数を実行する事ができる。
.fadeInとは、
一致した要素を不透明にフェードして表示する事ができる。
.fadeOutとは、
一致した要素を透明にフェードインして非表示にする事ができる。
.fadeToとは、
一致した要素の不透明度を調整する事ができる。
.fadeToggleとは、
不透明度をアニメーション化して一致する要素を表示または非表示にする事ができる。
.finishとは、
現在実行中のアニメーションを停止し、キューに入れられたすべてのアニメーションを削除し、一致した要素のすべてのアニメーションを完了する事ができる。
.hideとは、
一致する要素を非表示にする事ができる。
jQuery.fx.intervalとは、
アニメーションが発生する速度です。(ミリ秒単位)
jQuery.fx.offとは、
すべてのアニメーションをグローバルに無効にする事ができる。
jQuery.speedとは、
カスタムアニメーションの定義で使用できる一連のプロパティを含むオブジェクトを作成する事ができる。
.queueとは、
一致した要素で実行される関数のキューを表示または操作する事ができる。
.showとは、
一致した要素を表示する事ができる。
.slideDownとは、
一致した要素をスライディングモーションで表示する事ができる。
.slideToggleとは、
一致する要素をスライド動作で表示または非表示にする事ができる。
.slideUpとは、
スライディングモーションで一致する要素を非表示にする事ができる。
.stopとは、
一致した要素で現在実行中のアニメーションを停止する事ができる。
.toggleとは、
一致する要素を表示または非表示にする事ができる。

関数リファレンス | jQuery Effects API | Effects 一覧

jQuery API 機能別 Effects /エフェクト 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル
jQueryAPI 機能別 Effects /エフェクト 一覧 | 関数 入門 | jQuery マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JavaScript

CSS