jQuery API 機能別 Selectors /セレクタ 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル

Selectors /セレクタ 一覧 JQuery

Selectorsとは

トピック:jQueryライブラリは、カスケードスタイルシート(CSS)セレクタを利用し、Document Object ModelDOM)の要素または要素のグループにすばやく簡単にアクセスできるようにする。jQuery Selectorは、式を使用して、指定された条件に基づいてDOMから一致する要素を見つける関数。 セレクタは、jQueryを使用して1つまたは複数のHTML要素を選択するために使用される。 ある要素が選択されると、その選択された要素に対してさまざまな操作を実行する 事ができる。

jQuery Selectors リスト関数 説明 要約
All Selector (“*”)とは、
すべての要素を選択する ことができる。
:animated Selectorとは、
セレクタの実行時にアニメーションの進行中にあるすべての要素を選択する ことができる。
Attribute Contains Prefix Selector [name|=”value”]とは、
与えられた文字列に等しいか、その文字列で始まりハイフン( - )で始まる値で指定された属性を持つ要素を選択する ことができる。
Attribute Contains Selector [name*=”value”]とは、
指定された属性を持つ要素を、指定された部分文字列を含む値で選択する ことができる。
Attribute Contains Word Selector [name~=”value”]とは、
スペースで区切られた、指定された単語を含む値で指定された属性を持つ要素を選択する ことができる。
Attribute Ends With Selector [name$=”value”]とは、
特定の文字列で終わる値で指定された属性を持つ要素を選択する。比較では大文字と小文字が区別される。
Attribute Equals Selector [name=”value”]とは、
特定の値と正確に等しい値を持つ指定された属性を持つ要素を選択する ことができる。
Attribute Not Equal Selector [name!=”value”]とは、
指定された属性を持たないか、指定された属性を持ちますが、特定の値を持たない要素を選択する ことができる。
Attribute Starts With Selector [name^=”value”]とは、
与えられた文字列で正確に始まる値を持つ、指定された属性を持つ要素を選択する ことができる。
:button Selectorとは、
すべてのボタン要素とタイプボタンの要素を選択する ことができる。
:checkbox Selectorとは、
チェックボックスのすべての要素を選択する ことができる。
:checked Selectorとは、
チェックまたは選択されたすべての要素と一致する ことができる。
Child Selector (“parent > child”)とは、
"parent"で指定された要素の "child"で指定されたすべての直接子要素を選択する ことができる。
Class Selector (“.class”)とは、
指定されたクラスのすべての要素を選択する ことができる。
:contains Selectorとは、
指定したテキストを含むすべての要素を選択する ことができる。
Descendant Selector (“ancestor descendant”)とは、
指定された祖先の子孫であるすべての要素を選択する ことができる。
:disabled Selectorとは、
無効になっているすべての要素を選択する ことができる。
Element Selector (“element”)とは、
指定されたタグ名を持つすべての要素を選択する ことができる。
:empty Selectorとは、
子を持たないすべての要素(テキストノードを含む)を選択する ことができる。
:enabled Selectorとは、
有効になっているすべての要素を選択する ことができる。
:eq Selectorとは、
一致したセット内のインデックスnの要素を選択する ことができる。
:even Selectorとは、
偶数要素を選択する、ゼロインデックス付き
:file Selectorとは、
ファイルタイプのすべての要素を選択する ことができる。
:first-child Selectorとは、
親の最初の子であるすべての要素を選択する ことができる。
:first-of-type Selectorとは、
同じ要素名の兄弟の中で最初の要素をすべて選択する ことができる。
:first Selectorとは、
最初に一致したDOM要素を選択する ことができる。
:focus Selectorとは、
現在フォーカスがある場合は要素を選択する ことができる。
:gt Selectorとは、
一致したセット内のインデックスよりも大きいインデックスのすべての要素を選択する ことができる。
Has Attribute Selector [name]とは、
指定した属性を持つ要素を任意の値で選択する ことができる。
:has Selectorとは、
指定されたセレクタに一致する要素を少なくとも1つ含む要素を選択する ことができる。
:header Selectorとは、
h1h2h3などのヘッダーであるすべての要素を選択する ことができる。
:hidden Selectorとは、
隠されているすべての要素を選択する ことができる。
ID Selector (“#id”)とは、
指定されたid属性を持つ単一の要素を選択する ことができる。
:image Selectorとは、
タイプimageのすべての要素を選択する ことができる。
:input Selectorとは、
すべての入力、テキストエリア、選択およびボタン要素を選択する ことができる。
:lang Selectorとは、
指定された言語のすべての要素を選択する ことができる。
:last-child Selectorとは、
親の最後の子であるすべての要素を選択する ことができる。
:last-of-type Selectorとは、
同じ要素名の兄弟の中で最後の要素をすべて選択する ことができる。
:last Selectorとは、
最後に一致した要素を選択する ことができる。
:lt Selectorとは、
一致したセット内のインデックスより小さいインデックスのすべての要素を選択する ことができる。
Multiple Attribute Selector [name=”value”][name2=”value2″]とは、
指定されたすべての属性フィルタに一致する要素に一致する ことができる。
Multiple Selector (“selector1, selector2, selectorN”)とは、
指定されたすべてのセレクタの結合結果を選択する ことができる。
Next Adjacent Selector (“prev + next”)とは、
直前に兄弟 prevがあるnextと一致するすべての次の要素を選択する ことができる。
Next Siblings Selector (“prev ~ siblings”)とは、
prev要素の後に続くすべての兄弟要素を選択し、同じ親を持ち、フィルタリングの "兄弟"セレクタに一致させる。
:not Selectorとは、
指定されたセレクタと一致しないすべての要素を選択する ことができる。
:nth-child Selectorとは、
親のn番目の子であるすべての要素を選択する ことができる。
:nth-last-child Selectorとは、
最後の要素から最初の要素まで数えて、親のn番目の要素であるすべての要素を選択する ことができる。
:nth-last-of-type Selectorとは、
最後の要素から最初の要素まで数えて同じ要素名を持つ兄弟との関係で、親のn番目の要素であるすべての要素を選択する ことができる。
:nth-of-type Selectorとは、
同じ要素名を持つ兄弟との関係で、親のn番目の子であるすべての要素を選択する ことができる。
:odd Selectorとは、
奇数要素を選択し、ゼロインデックスを付ける、ことができる。
:only-child Selectorとは、
親の唯一の子であるすべての要素を選択する ことができる。
:only-of-type Selectorとは、
同じ要素名を持つ兄弟を持たないすべての要素を選択する ことができる。
:parent Selectorとは、
少なくとも1つの子ノード(要素またはテキストのいずれか)を持つすべての要素を選択する ことができる。
:password Selectorとは、
パスワードタイプのすべての要素を選択する ことができる。
:radio Selectorとは、
ラジオタイプのすべての要素を選択する ことができる。
:reset Selectorとは、
resetタイプのすべての要素を選択する ことができる。
:root Selectorとは、
ドキュメントのルートとなる要素を選択する ことができる。
:selected Selectorとは、
選択されているすべての要素を選択する ことができる。
:submit Selectorとは、
submitタイプのすべての要素を選択する ことができる。
:target Selectorとは、
ドキュメントのURIのフラグメント識別子で指定されるターゲット要素を選択する ことができる。
:text Selectorとは、
テキストタイプのすべての入力要素を選択する ことができる。
:visible Selectorとは、
表示されているすべての要素を選択する ことができる。

関数リファレンス | jQuery Selectors API | Selectors 一覧

jQuery API 機能別 Selectors /セレクタ 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル
jQueryAPI 機能別 Selectors /セレクタ 一覧 | 関数 入門 | jQuery マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JavaScript

CSS