JavaScript Date 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

Dateとは

JavaScriptトピック:Dateオブジェクトは、JavaScript言語に組み込まれたデータ型です。Dateオブジェクトは、次のように新しいDate()で作成する 事ができる。Dateオブジェクトが作成されると、いくつかのメソッドを使用してそのオブジェクトを操作できる。ほとんどの方法では、ローカル時間またはUTC(ユニバーサルまたはGMT)時間のいずれかを使用して、オブジェクトの年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒のフィールドを取得および設定 事ができる。ECMAScript標準では、Dateオブジェクトは、1970年1月1日の前後1億日以内に、ミリ秒の精度で日付と時刻を表現できる必要があります。これはプラスまたはマイナス273,785年の範囲であるため、JavaScriptは275755年までの日付と時刻を表す 事ができる。

Date プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
Date.prototypeとは、
Date.prototype プロパティは、Date コンストラクタの prototype を表することができる。

Date メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
Date.UTCとは、
Date.UTC メソッドは、コンストラクタと同じ最も長い書式の引数を受け入れ、協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 000000 からの経過時間を表す Date オブジェクトのミリ秒単位の数値を返す ことができる。
Date.nowとは、
Date.now メソッドは、UTC (協定世界時) での 1970 年 1 月 1 日 0 時 0 分 0 秒 から現在までの経過時間をミリ秒単位で返す ことができる。
Date.parseとは、
Date.parse メソッドは、日時を表す文字列を解釈し、協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 000000 からの経過時間を表すミリ秒単位の数値を返すまたは、文字列を解釈できなかったり不正な日付 (例えば 2015-02-31) が指定された場合 NaN を返す ことができる。
Date.prototype.getDateとは、
getDate メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「日」を返す ことができる。
Date.prototype.getDayとは、
getDay メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「曜日」を返す0 は日曜日を表することができる。
Date.prototype.getFullYearとは、
getFullYear メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「年」を返す ことができる。
Date.prototype.getHoursとは、
getHours メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「時」を返す ことができる。
Date.prototype.getMillisecondsとは、
getMilliseconds メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返す ことができる。
Date.prototype.getMinutesとは、
getMinutes メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「分」を返す ことができる。
Date.prototype.getMonthとは、
getMonth メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「月」を表す 0 を基点とした値を返す ことができる。
Date.prototype.getSecondsとは、
getSeconds メソッドは、地方時に基づき、指定した日時の「秒」を返す ことができる。
Date.prototype.getTimeとは、
getTime メソッドは、協定世界時に基づく指定された日時の「時」に相当する数値を返す ことができる。
Date.prototype.getTimezoneOffsetとは、
getTimezoneOffset メソッドは、現在のロケールにおける協定世界時 (UTC) からのタイムゾーンオフセット値を分単位で返す ことができる。
Date.prototype.getUTCDateとは、
getUTCDate は、協定世界時に基づき、指定された日付の「日」を返す ことができる。
Date.prototype.getUTCDayとは、
getUTCDay メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「曜日」を返す0 は日曜日を表することができる。
Date.prototype.getUTCFullYearとは、
getUTCFullYear メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「年」を返す ことができる。
Date.prototype.getUTCHoursとは、
getUTCHours メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「時」を返す ことができる。
Date.prototype.getUTCMillisecondsとは、
getUTCMilliseconds メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返す ことができる。
Date.prototype.getUTCMinutesとは、
getUTCMinutes メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「分」を返す ことができる。
Date.prototype.getUTCMonthとは、
getUTCMonth メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「月」を返す値は 0 を基点とします (0 は 1 月、1 は 2 月)。
Date.prototype.getUTCSecondsとは、
getUTCSeconds メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を返す ことができる。
Date.prototype.getYearとは、
getYear メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「年」を返す ことができる。getYear は完全な桁数の値を返さないため (いわゆる 2000 年問題)、使用されなくなり、getFullYear メソッドに置き換えられました。
注意 これは、廃止 された API です。現在、条件によって 動作 している 場合がある。
Date.prototype.setDateとは、
setDate メソッドは、現在設定されている月から始まる Date オブジェクトの「日」を設定することができる。
Date.prototype.setFullYearとは、
setFullYear メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「年」を設定します。新しいタイムスタンプを返す ことができる。
Date.prototype.setHoursとは、
setHours メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「時」を設定し、協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 000000 から更新された Date インスタンスが表す時刻までの間のミリ秒単位の数値を返す ことができる。
Date.prototype.setMillisecondsとは、
setMilliseconds メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定することができる。
Date.prototype.setMinutesとは、
setMinutes メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「分」を設定することができる。
Date.prototype.setMonthとは、
setMonth メソッドは、現在設定されている年に基づき、指定された日付の「月」を設定することができる。
Date.prototype.setSecondsとは、
setSeconds メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「秒」を設定することができる。
Date.prototype.setTimeとは、
setTime メソッドは、Date オブジェクトを協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 000000 からの経過時間をミリ秒単位で表す時刻に設定することができる。
Date.prototype.setUTCDateとは、
setUTCDate メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「日」を設定することができる。
Date.prototype.setUTCFullYearとは、
setUTCFullYear メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の年を設定することができる。
Date.prototype.setUTCHoursとは、
setUTCHours メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「時」を設定し、協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 000000 から更新された Date インスタンスが表す時刻までの間のミリ秒単位の数値を返す ことができる。
Date.prototype.setUTCMillisecondsとは、
setUTCMilliseconds メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定することができる。
Date.prototype.setUTCMinutesとは、
setUTCMinutes メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「分」を設定することができる。
Date.prototype.setUTCMonthとは、
setUTCMonth メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「月」を設定することができる。
Date.prototype.setUTCSecondsとは、
setUTCSeconds メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を設定することができる。
Date.prototype.setYearとは、
setYear メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「年」を設定します。 setYear は完全な桁数の値を設定しないため (いわゆる 2000 年問題)、使用されなくなり、setFullYear メソッドに置き換えられました。
注意 これは、廃止 された API です。現在、条件によって 動作 している 場合がある。
Date.prototype.toDateStringとは、
toDateString メソッドは、人間が読めるアメリカ英語の表記で Date オブジェクトの「日付」部を返す ことができる。
Date.prototype.toGMTStringとは、
toGMTString メソッドは、インターネットグリニッジ標準時 (GMT) 協定に基づき、日付を文字列へ変換することができる。toGMTString が返す ことができる 値の正確な書式は、プラットフォームやブラウザによって変化しますが、一般に、人間が読める日付の文字列を表することができる。
注意 これは、廃止 された API です。現在、条件によって 動作 している 場合がある。
Date.prototype.toISOStringとは、
toISOString メソッドは、簡潔な拡張表記の ISO 形式 (ISO8601) の文字列を返しますこれは、常に 24 文字または 27 文字の長さになります (それぞれ、YYYY-MM-DDTHHmmss.sssZ または ±YYYYYY-MM-DDTHHmmss.sssZ)。タイムゾーンは常に 0 UTC オフセットになり、接尾辞 "Z" で表記される
Date.prototype.toJSONとは、
toJSON メソッドは、Date オブジェクトを表す文字列を返す ことができる。
Date.prototype.toLocaleDateStringとは、
toLocaleDateString メソッドは、この Date オブジェクトの「日付」部を表す言語に依存した文字列を返す新しい locales 引数と options 引数により、アプリケーションは、使用される書式変換の言語の指定や、関数の振る舞いのカスタマイズができます。古い実装のアプリケーションは、locales 引数と options 引数を無視します。使用されるロケールや返される文字列の書式は、完全に実装依存です。
Date.prototype.toLocaleFormatとは、
toLocaleFormat メソッドは、指定した書式を用いて日付を文字列に変換することができる。Intl.DateTimeFormat は、標準に準拠した方法で日付をフォーマットする代替です。Date.prototype.toLocaleDateString の新しいバージョンも参照してください。この API は標準化されていません。
Date.prototype.toLocaleStringとは、
toLocaleString メソッドは、この日付を表す言語に依存した文字列を返す新しい locales 引数と options 引数により、アプリケーションは、使用される書式変換の言語の指定や、関数の振る舞いのカスタマイズができます。古い実装のアプリケーションは、locales 引数と options 引数を無視します。使用されるロケールや返される文字列の書式は、完全に実装依存です。
Date.prototype.toLocaleTimeStringとは、
toLocaleTimeString メソッドは、この Date オブジェクトの「時刻」部を表す言語に依存した文字列を返す新しい locales 引数と options 引数により、アプリケーションは、使用される書式変換の言語の指定や、関数の振る舞いのカスタマイズができます。古い実装のアプリケーションは、locales 引数と options 引数を無視します。使用されるロケールや返される文字列の書式は、完全に実装依存です。
Date.prototype.toSourceとは、
toSource メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返す ことができる。
Date.prototype.toStringとは、
toString メソッドは、指定した Date オブジェクトを表す文字列を返す ことができる。
Date.prototype.toTimeStringとは、
toTimeString メソッドは、アメリカ英語表記の人間が読める形式で、Date オブジェクトの「時刻」部を返す ことができる。
Date.prototype.toUTCStringとは、
toUTCString メソッドは、協定世界時 (UTC) のタイムゾーンに基づき、日付を文字列へ変換することができる。
Date.prototype.valueOfとは、
valueOf メソッドは、Date オブジェクトのプリミティブ値を返す ことができる。
Date.prototype[@@toPrimitive]とは、
[@@toPrimitive] メソッドは、Date オブジェクトをプリミティブ値に変換することができる。

関数リファレンス | Date | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript Date 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript Date 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS