jQuery API 機能別 Removed 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル

Removed一覧 JQuery

Removed とは

jQueryRemovedリスト関数 説明 要約
.andSelfとは、
スタック上の以前の要素セットを現在のセットに追加する 、事ができる。
.contextとは、
最初にjQuery()に渡された DOMノードのコンテキスト。 何も渡されなかった場合は、文脈が文書となる可能性がある。
deferred.isRejectedとは、
遅延オブジェクトが拒否されたかどうかを判断する 、事ができる。
deferred.isResolvedとは、
Deferredオブジェクトが解決されたかどうかを判断する 、事ができる。
.dieとは、
要素から. live()を使用して以前に接続されたイベントハンドラを削除する 、事ができる。
.errorとは、
イベントハンドラを「エラー」JavaScriptイベントにバインドする 、事ができる。
jQuery.boxModelとは、
ユーザーのブラウザの現在のページがW3CCSSBoxModelを使用してレンダリングされているかどうかを確認するこのプロパティは jQuery 18で削除されました
jQuery.browserとは、
navigatoruserAgentから読み取られた、ユーザーエージェントのフラグが含まれる。このプロパティはjQuery19で削除され、jQuerymigrateプラグインでのみ使用する ことができる。
jQuery.subとは、
元のjQueryオブジェクトに影響を与えずにプロパティとメソッドを変更できるjQueryの新しいコピーを作成する 、事ができる。
.liveとは、
現在および将来の現在のセレクタに一致するすべての要素のイベントハンドラをアタッチする 、事ができる。
.loadとは、
イベントハンドラを loadJavaScriptイベントにバインドする 、事ができる。
.selectorとは、
元のセットを作成するときに jQuery()に渡されるセレクタを表すセレクタ、です。(存在する場合)
.sizeとは、
jQueryオブジェクトの要素数を返す 、事ができる。
.toggleとは、
一致した要素に2つ以上のハンドラをバインドし、代替のクリックで実行する 、事ができる。
.unloadとは、
イベントハンドラを「アンロード」JavaScriptイベントにバインドする 、事ができる。

関数リファレンス | jQuery API | Removed 一覧

jQuery API 機能別 Removed 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル
jQueryAPI 機能別 Removed 一覧 | 関数 入門 | jQuery マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JavaScript

CSS