JavaScript Number 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

Numberとは

JavaScriptトピック:Numberオブジェクトは、整数または浮動小数点数の数値データを表しNumber() コンストラクタを用いて生成することができる。 一般にブラウザは自動的に数値リテラルを数値クラスのインスタンスに変換するためNumberオブジェクトについては心配する必要はない

Number プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
Number.EPSILONとは、
プロパティは、1 と、Number として表現できる 1 より大きい最小の値の差を表する事ができる。
Number.MAX_SAFE_INTEGERとは、
定数は、JavaScript において正確に扱える最大整数値を表する事ができる。
Number.MAX_VALUEとは、
プロパティは、JavaScript において表すことが可能な最大数値。
Number.MIN_SAFE_INTEGERとは、
定数は、JavaScript において正確に扱える最小整数値を表する事ができる。。
Number.MIN_VALUEとは、
プロパティは、JavaScript において表すことが可能な最小の正の数の値です。
Number.NEGATIVE_INFINITYとは、
負の無限大を表す値。
Number.NaNとは、
非数 (Not-A-Number) を表す値。
Number.POSITIVE_INFINITYとは、
正の無限大を表す値。
Number.prototypeとは、
コンストラクタのプロトタイプを表する事ができる。

Number メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
Number.isFiniteとは、
メソッドは、引数として与えた数が有限数かどうかの真偽値を返す ことができる。
Number.isIntegerとは、
は引数に指定された値が整数かどうかを判定するメソッドです。
Number.isNaNとは、
引数として与えた数がNaNかどうかの真偽値を取得・返す事ができる。 オリジナルのisNaNグローバルメソッドのより堅牢なバージョン
Number.isSafeIntegerとは、
メソッドは、引数として与えた数が safeinteger かどうかの真偽値を返す ことができる。
Number.parseFloatとは、
メソッドは、文字列引数をパースし浮動小数点数を取得・返す事ができる。このメソッドはグローバル関数 parseFloat と同様に振る舞い、ECMAScript 第 6 版の一部となっています(目的はグローバル関数のモジュール化です)。
Number.parseIntとは、
文字列引数をパースし指定された基数または底の整数値を返す
Number.prototype.toExponentialとは、
オブジェクトを指数表記で表示 します。た文字列を返す ことができる。
Number.prototype.toFixedとは、
メソッドは、数を固定小数点表記を用いてフォーマットする事ができる。
Number.prototype.toLocaleStringとは、
このNumberオブジェクトのロケールに応じた文字列表現を返す ことができる。
Number.prototype.toPrecisionとは、
オブジェクトを指定された精度で表示 します。た文字列を取得・返す事ができる。
Number.prototype.toSourceとは、
オブジェクトのソースコードを表す文字列を返す ことができる。
Number.prototype.toStringとは、
指定された Number オブジェクトを表す 文字列を返す ことができる。
Number.prototype.valueOfとは、
オブジェクトのプリミティブ値を返す ことができる。
Number.toIntegerとは、
渡された引数を評価しintegerに変換します。しかし実装は取り除かれました。
注意 これは、廃止 された API です。 今後、動作 することは保障されません。

関数リファレンス | Number | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript Number 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript Number 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS