JavaScript Function 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル

Functionとは

JavaScriptトピック:プログラムのどこでも呼び出すことができる再利用可能なコードのグループ、これにより同じコードを何度も書く必要がなくなる、大きなプログラムをいくつかの小さく管理しやすい関数に分割することを可能する。事ができる。他の高度なプログラミング言語と同様に、JavaScriptは関数を使用してモジュラーコードを書くために必要なすべての機能をサポートしている。

Function プロパティ

関数 ( Function・Properties )説明 要約
Function.argumentsとは、
関数に渡される引数に対応する、配列状のオブジェクト。
Function.arityとは、
関数が必要とする引数の数を指定する 、ことができる。
Function.callerとは、
指定した関数の呼び出し元の関数を返す ことができる。
Function.displayNameとは、
function.displayName プロパティは、関数の表示名を返す ことができる。
Function.lengthとは、
length プロパティは、関数が期待する引数の数を参照する 、ことができる。
Function.nameとは、
function.name プロパティは、関数の名前を取得・返す 、ことができる。
Function.prototypeとは、
Function.prototype プロパティは、Function プロトタイプオブジェクトを表する 、ことができる。

Function メソッド

関数 ( Function・Method )説明 要約
Function.prototype.applyとは、
apply メソッドは与えられた this 参照値と、配列(もしくは配列風のオブジェクト)の形で与えられた引数を用いて関数を呼び出す 、ことができる。
Function.prototype.bindとは、
bind メソッドは、呼び出された時に新しい関数を生成します。最初の引数 thisArg は新しい関数の this キーワードにセットされます。2 個目以降の引数は、新しい関数より前に、ターゲット関数の引数として与えらる
Function.prototype.callとは、
this の値と、個々にあたえた引数をわたして、関数を呼び出す 、ことができる。
Function.prototype.isGeneratorとは、
関数がジェネレータであるか否かを示す真偽値を取得する 、ことができる。
Function.prototype.toSourceとは、
関数のソースコードを表す文字列を返す ことができる。
Function.prototype.toStringとは、
関数のソースコードを表す文字列を返す ことができる。

関数リファレンス | Function | JavaScript グローバルオブジェクト Global Objects 一覧

JavaScript Function 機能別 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 javascript サンプル
JavaScript Function 機能別 一覧 | 関数 入門 | JavaScript マニュアル – WebRef
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JQuery

CSS