jQuery API アルファベット順 S 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル

API S 一覧 JQuery

S

jQuery API S リスト関数 説明 要約
.scrollとは、
イベントハンドラを「スクロール」 JavaScript イベントにバインドする、またはそのイベントを要素でトリガする ことができる。
.scrollLeftとは、
一致する要素のセットの最初の要素のスクロールバーの現在の水平位置を取得するか、一致する要素ごとにスクロールバーの水平位置を設定する ことができる。
.scrollTopとは、
マッチした要素のセットの最初の要素のスクロールバーの現在の垂直位置を取得するか、一致する要素ごとにスクロールバーの垂直位置を設定する ことができる。
.selectとは、
select JavaScript イベントにイベントハンドラをバインドするか、そのイベントを要素でトリガする ことができる。
:selected Selectorとは、
選択されているすべての要素を選択する ことができる。
.selectorとは、
元のセットを作成するときに jQuery()に渡されるセレクタを表すセレクタ です。(存在する場合)
.serializeとは、
フォーム要素のセットを送信用の文字列としてエンコードする ことができる。
.serializeArrayとは、
フォーム要素のセットを名前と値の配列としてエンコードする ことができる。
.showとは、
一致した要素を表示する ことができる。
.siblingsとは、
一致した要素のセット内の各要素の兄弟を取得する。オプションでセレクタによってフィルタリングする 。
.sizeとは、
jQuery オブジェクトの要素数を返えす ことができる。
.sliceとは、
一致する要素のセットをインデックスの範囲で指定されたサブセットに減らする ことができる。
.slideDownとは、
一致した要素をスライディングモーションで表示する ことができる。
.slideToggleとは、
一致する要素をスライド動作で表示または非表示にする ことができる。
.slideUpとは、
スライディングモーションで一致する要素を非表示にする ことができる。
.stopとは、
一致した要素で現在実行中のアニメーションを停止する ことができる。
.submitとは、
イベントハンドラを「 submit JavaScript イベントにバインドするか、そのイベントを要素でトリガする ことができる。
:submit Selectorとは、
submit 型のすべての要素を選択する ことができる。

関数リファレンス | jQuery Ajax | jQuery API 一覧

jQuery 関数 | アルファベットリスト

jQuery API アルファベット順 S 一覧 関数 要素 使い方・書き方 例 jquery サンプル
jQuery API アルファベット順 S 一覧 | 関数 入門 | jQuery マニュアル
あわせて読みたい

Html

Glossary

PHP

JavaScript

CSS